• home
  • >
  • 編集部PICKUP
  • >
  • 美女はやっぱりお花がお好き。可愛くて美容効果も抜群な『エディブルフラワー』にみんなが夢中

美女はやっぱりお花がお好き。可愛くて美容効果も抜群な『エディブルフラワー』にみんなが夢中

[2016.04.08]VIEW 520

編集部

ここ数年で一気に認知度を高めた「エディブルフラワー」。昨年、食べられる花を使って作るババロアが美しすぎる!!と話題になりましたよね。その正体が「エディブルフラワー」です。ただ、お花というものはそもそも虫を寄せ付ける役割をするので、農薬を使わないで育てるのが非常に難しく、多くのエディブルフラワーが“減農薬”のもの。

そんな中、エディブルフラワー専門店の『fiorisca』が最先端の技術により、特に難しいとされるローズの“無農薬”を実現!この度販売サイトをオープンし、私たちも手軽に安心安全なエディブルフラワーを手に入れることができるようになりました。2016年も注目のエディブルフラワーの気になる隠れた美容効果とレシピもご紹介したいと思います。

今年も引き続き注目の「エディブルフラワー」をチェック!

Q1.「エディブルフラワー」って何?

k20160402_002

ひと言で言うと“食べられるお花”。あんぱんに付けられている“桜の塩漬け”や、お刺身に添えられている“食用菊”もエディブルフラワーの1つで、野菜と同じように安心して食べられるようにつくられたお花のことです。

最近では約30種類もあると言われていて、さらに健康・美容効果もあることが分かってきています。

Q2.本当に食べて大丈夫?

k20160402_003

観賞用のお花は使われる農薬の制限がなく、水銀など食用に使ってはいけない薬品が使われていますので絶対に食べないようにしましょう。一方、エディブルフラワーは、野菜や果物と同じように安全な肥料や農薬しか使わずに栽培されているので食べることができます。

Q3.ただの飾りじゃないの?

k20160402_004

飾りだと思って残してしまってはもったいない!!実はエディブルフラワーには野菜に負けないくらいの繊維やビタミンが豊富に含まれているのです。

エディブルフラワーってこんなにすごい!

「食べられるのは分かったけど、実際おいしいの?」そんな気になるエディブルフラワーは、種類によって味も効果も違います。数ある中でも人気のエディブルフラワーをご紹介します。

①パンジー

k20160402_005

味は淡白。パンジーにはビタミンA・ビタミンC・ビタミンB1などが豊富に含まれています。

②デンファレ

k20160402_006

肉厚でサクサクした食感がクセになるデンファレ。美肌作りに欠かせない抗酸化作用が強く、ビタミンも豊富。

③ホウセンカ

k20160402_007

こちらも淡白な味のエディブルフラワー。他の花と比べてビタミンCの含有量は断トツ!イチゴの10倍・トマトの30倍とも言われています。

④プリムラ

k20160402_008

口当たりが柔らかく、薄味なことからいろんな料理に用いられているのがプリムラ。ビタミンA・ビタミンC、特にビタミンCの含有量が多く、ホウレンソウの3.5倍も含まれています。

⑤ローズ

k20160402_009

エディブルフラワーの中でも特に人気なのがローズ。香り豊かで、ほのかな甘みがあるのが特徴。なんとバナナの10倍もの食物繊維が含まれているんだそう!

エディブルローズは、無農薬での周年安定供給は不可能と言われていましたが、それを可能にしたのが「fiorisca(フィオリスカ)」。100%無農薬なローズはなかなか手に入りません。

『fiorisca(フィオリスカ)』について

「fiorisca」は、栽培期間中に化学農薬を一切使用しない100%無農薬にこだわったエディブルフラワーとローズを販売しているお店。すばらしい効果がありながらも、農薬が少しでも使われていたのであれば魅力も半減してしまいますが、「fiorisca」のものであれば安心。また、エディブルフラワーは送料が高いのがネックでしたが、「fiorisca」は12パックはクリックポストを活用することで送料無料を可能にしました。※夏場は全てクール便での送付となります

◆fiorisca(フィオリスカ):http://fiorisca.jp/
◆販売サイト:http://fiorisca.shop-pro.jp/

エディブルフラワーを使った料理が可愛すぎる!!

添えるだけでも豪華に見えるエディブルフラワーはホームパーティーにもピッタリ。ぜひそんな時はこちらを参考にしてみてくださいね。

《まるでお花畑な“エディブルフラワーサラダ”》

k20160402_010

お好みの野菜と組み合わせるだけでいつものサラダがワンランクアップ!

《食べやすいひと口サイズの “華やか手まり寿司”》

k20160402_011

  酢飯にお好みの具材を混ぜてベースのご飯を作っておきます。ラップの上にエディブルフラワー→酢飯の順にのせ、ラップを絞って丸く形を整えたら完成。

《大人可愛い“ガトーショコラ”》

k20160402_012

ガトーショコラの王道デコレーションは粉砂糖ですが、なんかちょっと物足りない…と感じていた方はぜひエディブルフラワーを!

こちらはビオラとミントの葉。白がとってもキレイに映えます。

《ロマンティックな演出“フラワーアイスキューブ”》

k20160402_013

添えるだけでなく、とじ込めてみるのも素敵です。

作り方も簡単で、アイストレーにお水とエディブルフラワーを入れて凍らせるだけ。エディブルフラワーを丸ごと入れたり、花びらをちぎってミックスさせたりするのも可愛いです。

まとめ

今まではお店でいただくものというイメージがありましたが、ぜひお家でも取り入れてみてくださいね。特別な日の演出にも活躍してくれます。


HANAYOME Lesson