• home
  • >
  • 編集部PICKUP
  • >
  • 未来の花嫁さんたち必見!“ブライダル業界初”のプロフィールムービーで最高の結婚式を演出してみませんか?

未来の花嫁さんたち必見!“ブライダル業界初”のプロフィールムービーで最高の結婚式を演出してみませんか?

[2016.05.13]VIEW 437

編集部

結婚式のプロフィールムービーなどで花嫁さんたちから人気を集める「株式会社MARRY MARBLE」より、当日映像を披露宴の中で4回上映できる新サービスが発売開始。当日だからこそ起こるたくさんの感動シーンを会場の来場者と共有することができるのが最大の魅力。ゲストを飽きさせない新しいサービスに注目です!

 

新サービス“4 TIMES INFORMATION”とは?

k20160513_02

◆画像:PRTIMES

結婚式において、必ずと言えるほど行われる演出の1つが「ムービー」。その中でも当日映像はゲストからも人気の演出です。これまで当日映像というのはエンディング(披露宴の最後・お開き)に行われるのが主流でした。
しかし今回登場した「MARRY MARBLE」の新商品は、当日映像をミックスしたものをこちらの画像のように、①新郎・新婦入場時、②中座中、③花束贈呈前、④エンディング時』の4回のタイミングで上映することを可能にしたものです。

 

「MARRY MARBLE」が提案する4つのタイミング

①OPENING

株式会社リクルート社の2015年度「ブライダル総研首都圏版」の調査によると、映像演出の実施タイミングは72%と断トツで『エンディング』。続いて『中座・お色直しの間』67%となっており、OPENINGムービーの実施率はこれらに比べて低いものの、それまでガヤガヤしていた会場の雰囲気をグッと締めるには最高の演出です。

そこで「MARRY MARBLE」が上映するOPENINGムービーの内容は、新郎が花嫁のドレス姿を初めて見るシーンや、本番前の何気ない2人の会話シーンなど、“挙式披露宴当日しか撮影できない心温まるシーン”を短時間にミックスしたもの。今までにない演出にゲストもきっと驚くはず!

k20160513_03

◆画像:PRTIMES

 

②SWEET STORY(中座・お色直しの間)

2つ目のタイミングは『中座・お色直しの間』。このときは新郎新婦の生い立ちから、2人が出会ってからこれまでの道のりを紹介する映像です。
しかしこれだけではありません!
新郎新婦のために集まってくれた大切なゲストの当日の雰囲気を撮影したものを盛り込みながら、2人からの友人へのメッセージを映像内にミックスしてくれます。写真や動画を編集しただけのよくあるムービーとは違い、会場を巻き込んだ演出となるでしょう。

k20160513_04

◆画像:PRTIMES

 

③BACK STORY(花束贈呈・お手紙朗読前)

最も感動が高まるシーンとも言える、「両親への手紙と花束贈呈」のタイミング。手紙を読み始める直前に、思い出の写真や感謝の気持ち、当日の親子の微笑ましい会話シーンなどをミックスしたストーリームービーを上映します。娘の結婚式は両親にとっても特別な日。これまでの感謝の気持ちを伝えるには最高の日です。この日に至るまでの親子愛を、映像と手紙で再確認できる素敵なひとときを演出することができますよ。上映したムービーは一生の思い出の品にもなります。

k20160513_05

◆画像:PRTIMES

 

④ENDROL(新郎新婦の退場後)

そして最後は、最も映像演出の実施率が高い「エンディング」。2人のために集まってくれたゲストへ、改めて感謝の気持ちを伝えることができるタイミングです。
ゲストの名前やメッセージと共に流れる当日の映像は、その日の素敵な思い出をより心に深く刻み込んでくれます。

k20160513_06

◆画像:PRTIMES

 

まとめ

「みんなと同じような演出じゃつまらない」「こだわりたいけどあまり手間はかけたくない」そんな方にもピッタリな新サービス。映像は1本作るだけでも写真集めや編集、選曲など大変ですが、当日のシーンをミックスするのは全てお任せなのも魅力。当日だけでなく、その後も思い出として残すことのできる4つの映像は一生の宝物です。


HANAYOME Lesson