• home
  • >
  • 女子旅
  • >
  • 【ご当地グルメ 広島】健康、美容効果抜群!女性の救世主♡牡蠣の鍋で芯から温まろう

【ご当地グルメ 広島】健康、美容効果抜群!女性の救世主♡牡蠣の鍋で芯から温まろう

[2015.11.07]VIEW 827

Remi

全国のご当地グルメを自宅でお手軽に楽しむ47都道府県リレー!
第一弾は広島!これからの季節が旬の広島牡蠣を使って、芯から温まる牡蠣鍋♡

 

今が旬!栄養の宝庫、牡蠣の効能って?

image7

広島が誇る特産品、牡蠣。
牡蠣の生産量は日本一、全国の半数以上を誇ります。
牡蠣(真牡蠣)の旬は11月から美味しくなり始め、最も美味しくなるのは3〜4月と言われています。
海のミルクと呼ばれる栄養たっぷりの牡蠣には、女性に嬉しい効能が沢山あるんです♡

①二日酔いや悪酔いの防止
「牡蠣は酒毒を消す」と言われ、豊富に含まれるタウリンが肝機能を高め、良質のタンパク質がアルコールから肝臓を守ってくれます!

貧血、冷え性、便秘に効く
ミネラルやビタミン、葉酸を豊富に含んでいるため造血作用があり、貧血や冷え、便秘の改善に理想的と言われています。

免疫力を高める
牡蠣に多く含まれる亜鉛は体内の免疫力を高め、風邪のやインフルエンザの予防に役立ちます。

美肌効果
牡蠣に含まれる、硫黄を含んだアミノ酸は、顔色を美しくして肌をきめ細かにする効果があります。これは、温泉に入って、ツルツルのもち肌になるのと同じ効果と言われています♡

ダイエット効果
牡蠣は、水分代謝改善の効能もあり、ダイエットにも良いのです!

image8

なんて素晴らしい牡蠣の栄養!

11月23日「勤労感謝の日」は、同時に日頃の勤労を牡蠣で癒して欲しいという思いから、「牡蠣の日」に制定された程です!

そんな牡蠣を使って簡単に作れるレシピを紹介します。

 

鍋シーズン到来♡牡蠣の恵みで芯までポカポカ♡

今回牡蠣を使って作ったのは、秋冬の定番、鍋料理!
食材を準備して煮込むだけの簡単料理です!

image13

<材料例(2〜4人分)>
・ 牡蠣(解凍)・・・10粒(お好みで)
・ 牛肉または豚肉・・・200g
・ 長ネギ・・・1本
・ 焼き豆腐・・・1丁
・ えのき・・・1束
・ しめじ・・・1束
・ 白菜・・・4分の1
・ その他 葉もの野菜(水菜、春菊、みつば、等)
・ 水・・・適量(鍋の具が浸る程度)
・ 出汁または鍋の素・・・適量
・ 味付け(ポン酢、かき醤油、めんつゆなど)・・・適量

<作り方>
材料を適当な大きさに切り鍋に並べ入れ、水と寄せ鍋の素を入れて、蓋をして火にかける。

以上!それだけです。

image9

薄切り肉は別で用意しておき、食べるときにしゃぶしゃぶして頂くと柔らかく美味しく頂けます。

味足しは、広島の「かき醤油」がオススメです♡

image10

image11

大きくてプリプリの牡蠣と、牡蠣の出汁がしみ込んだ野菜やお汁で、しっかりと栄養を採り、芯まで温まりましょう♡

image12

 

おとくな女子旅を満喫したい方に必見の記事はこちら
footer_banner_oto2


HANAYOME Lesson