• home
  • >
  • 編集部PICKUP
  • >
  • 素敵女子はおやつにもこだわる!“罪悪感ゼロ”のビューティースイーツ『ブリスボール』

素敵女子はおやつにもこだわる!“罪悪感ゼロ”のビューティースイーツ『ブリスボール』

[2016.08.04]VIEW 217

編集部

2016年に日本初上陸したフードの1つ、『ブリスボール』。グランドオープンする前から注目されている理由は、“罪悪感ゼロのおやつ”という魅力。現在大ブームを巻き起こしているスーパーフードがアレンジされた、ビューティー&ヘルシーおやつ。そしてついに2016年7月下旬より『ブリスボール』のオーダーメイドケータリングが本格スタート!食べてキレイを叶えてくれる、その注目のスイーツの魅力にせまります!

ブリスボールとは?

k20160804_002

(FOOD JEWELRY公式HPより)

 

一見トリュフのように見えますが、これはチョコレートではありません。使われているのはナッツやドライフルーツ、スピルリナ等の話題のスーパーフードなど“自然素材”のみ。『No Sugar(砂糖なし)・No Gluten(グルテンフリー)・No Additives(添加物なし)』というコンセプトのもと、これらを混ぜてまるめたものが『ブリスボール』です。

ヘルシーなのってなんだかクセがありそうだけど、どんな味…?

(過去のPRTIMESより)

(過去のPRTIMESより)

このコンセプトから想像すると、何だか素朴な味でパサパサした食感が思い浮かびますが、そんなことはないんです!砂糖が入っていないかわりにドライフルーツの甘みが引き立ち、グルテンフリーなのに“しっとり”な食感。噛めば噛むほどフルーティーな味わいが口の中に“じゅわっ”と広がり、ナッツの“かりっ”とした食感がクセになる…。1粒にそれぞれの素材の魅力がギュッと詰まった贅沢なおやつなんです。

SNSでも人気

(過去のPRTIMESより)

(過去のPRTIMESより)

ブリスボールはオーストラリアを発祥の国民的おやつ。おいしくてヘルシーなだけでなく、カラフルで可愛い見た目もこれまた人気の理由。手作りのブリスボールをインスタグラムやSNSなどにアップする人も多いんです!
もちろんこの色合いは無添加・無着色。素材そのものがもつ色合いが引き出されています。

手掛けたのは“坪井玲奈さん”

k20160804_005

薬剤師の母の影響で、「食べることは生きること」と感じながら育ち、東京大学法学部を卒業後、上海で仕事をする中で、最大限のパフォーマンスを発揮するためには体調維持の管理を徹底することが大切と感じたのが「ブリスボール」誕生のきっかけ。その後オーストラリア発のブリスボールに出会い、2016年4月に独立し、日本初のブリスボール専門店Food Jewelryを設立しました。

●公式WEBサイト:http://food-jewelry.com
●Facebook:https://www.facebook.com/foodjewelry/

すでに多くの企業やアパレルブランドが注目!

k20160804_006

6月・7月と次々にオープニングパーティーのケータリングなども手掛けており、この画像はJAL・三菱商事が主催する「TEDxHaneda」に出展したときのもの。
美意識の高いCAの方々はもちろん、JALの機長や三菱商事の皆様など、多くの方がブースの前に集まり大行列になるほどだったそう!

ケータリングで女子会を楽しんじゃおう♪

今回、個人向けのケータリングも本格スタート!ブリスボール(50個)12,500円からオーダーできちゃいます◎これだけでなく、コールドプレスジュースや料理を含んだセットプランなどもあって、アレンジの相談もOK!
女子会やホームパーティーにピッタリですし、結婚式に取り入れたら話題になりそうですね♪

現在は受注生産での販売がメインで、9月には実店舗としていよいよクラントオープン!公式HPのオンラインショップでは数量限定で、5個・15個・30個のセットを先行予約しているので、気になった方はぜひチェックしてみてくださいね♪


HANAYOME Lesson