• home
  • >
  • 女子会
  • >
  • 【覆面調査隊】第一弾 女子の“お金問題”を探れ!〜お財布事情編〜

【覆面調査隊】第一弾 女子の“お金問題”を探れ!〜お財布事情編〜

[2016.02.15]VIEW 1111

rie

女子は様々なコトに悩める生き物。
友達同士では話せない、なかなか聞けないようなこと、ぶっちゃけ結構ありますよね?

そこで!「それなら代わりに聞いちゃおう!」というのが、この女子time【覆面調査隊】。

第一弾は、みんな実は気になっている!“お金”に関する様々なコト。
こちらは内容が濃〜い座談会となりましたので、3回に渡ってお送りします。

まず最初は、気になるみんなの〜お財布事情編〜 です!

 

今回参加してくれた4名は…!

「みんな美容にいくらかけてるの?」「あの子はどうしてそんなに旅行に行けるの?」「友達との外食費、もしかして使いすぎ?!」
…などなど、お金に対する女子のギモンは尽きないもの。

今回は、“堅実派”の4名に、座談会に参加してもらい、色々と話を伺いました!

Aさん:28歳、自営業。既婚で、夫と二人暮らし。本人の推定年収 300〜350万円、口座をいくつも使い分けて節約、貯金。株にも投資している。

Bさん:28歳、金融関係 会社員。実家暮らし、独身、推定年収 600〜700万円。財布の紐が固く、堅実に貯金派。

Cさん: 25歳。フリーランス ファイナンシャルプランナー。婚約中の彼と同棲中、2人でマンションを購入したばかり。推定年収1200〜1500万円。貯金派。

Dさん:28歳、現在は主婦。夫と二人暮らし。実家暮らしの大学生まではかなり甘やかされていたが、一人暮らしをきっかけに改心して堅実に。もちろん貯金派。

 

緊急アンケート! 一般女子の1ヶ月の出費事情

まずは、当編集部にてアンケートを取った結果を。一般の事務職や総合職の女性が回答者の大半を占めているなか、このような結果に。

アンケート人数: 女性 54名
平均年齢… 25.7歳

年収…
200万円以下 13人
200〜300万円 10人
300〜400万円 8人
400〜500万円 10人
500万円以上 7人
未回答 4人

それを踏まえて、彼女たちに、まずは20代一般女子の「お財布事情」について聞いてみましょう…!

 

今ドキ女子は、美容にもファッションにもお金を使わない…!?

早速ですが、ぶっちゃけ、20代一般女子の金銭感覚は、どんな感じですか?

A:でも意外と一般的な女の子って、大手に勤めている子ほど財布が固い気がする。
一同:あーーーーー!固い!わかる!
A:だから無駄遣いしない。ブランド物で固めている子っていないです。結構お金持ってない子の方が、ブランドもので着飾っちゃうかんじのイメージがあります。
B: 確かにそうかも。
A:私なんてフリーランスの主婦だし、みんなよりお金持ってないはずなのに、ご飯に行く時に気を遣っておしゃれな場所を提案しても「え!そんなところ高いし居酒屋でいいよ!」みたいな。
D: そういう人たちは別にお金がないわけではなくて?
A: いや、がっつり稼いでます。

じゃあ、周りの子は美容にもあまりお金はかけないですか?

B:周りの子は全然エステとか行ってないです!
A:脱毛くらいじゃない?
D:脱毛は多いですね!
B:ネイルはちょこちょこ行く子がいるかも…くらい。エステとかはいないです。ウェディングの時くらい。
一同:そうそうそうそう!
C:化粧品にも、まだそこまでお金かけないですよね。
A:うーん、全部ブランドで揃えている子はいないかも。この歳になってくると、自分に合う化粧品も分かるから、それをリピートして買うとか。

ではずばり、美容や洋服にかけるお金は、1ヶ月でどのくらい…?

D:私は結婚してから全然使わなくなりました。
A:季節の変わり目とかは、10万とか超える時はありますけど。
C:私もでも10万くらいかな…。
B:えー!絶対私は10万越えない!私は食べるものばっかりにお金使うんで。食費か旅行にしか使わない(笑)あ、でも、ジムには払ってる。月1万くらい。それくらいかも…。
D私も。トータルで5万くらいかな…。
A:洋服は…ぶっちゃけ何万だしたところの価値が…。
B:ない。
A:うん。洗ってこれかよ!みたいな(笑)
D:わかるわかるー!セーターとか縮んできたよ?って。
A:で、ユニクロに行き着くんですよね。
B:そう、ユニクロとGUでいい!全然。
C:私は、ポイントで欲しいものがあれば買う。
B:私もマルイのポイントとか、貯めたのを友達のプレゼントとかに使ってる。そうすると、そこそこの値段のものを贈れるし。
C:賢い!私はマイル派なんですよ。旅行によく行くから。そうすると、年に大体1~2回は家族でどこかに行けます。

1ヶ月の外食費は?

B:私は月6万くらいは使ってます!全部外食だから!朝昼晩、全部。
C:私も多分6~10万。
B:だよね。そうそうそれくらい。わかる!
A:えー私は5000円~1万円。全然外食しないです。大抵家で作っちゃいます。
D:あーでも私も作るから、同じくらいかもしれない。でも、外食に行く時は行くから、幅がある。忘年会シーズンとか。ちなみに、付き合いが多い友達は10万って言ってた。「あーわかる10万だよね〜!」って言ってる子も結構いるし…。
B:でも私は逆に言えば、食費以外に使ってないかも。

高い買い物もしないですか?

B:しないです。
C:たまに欲しくてしょうがないものは買いますけど。
A:それより旅行とかに使います。そのほうがやっぱり価値観が広がるし。
B:うん、使う意味があるから。
C:経験だし。

 

20代半ばになってくると友達との付き合いでも「お金の価値観」が重要に!

これまでの話でいえば、「旅行に使う」という意見が圧倒的ですが…。

C:そう、日常は抑えておいて、「非日常体験したい!」っていう。
B:現実逃避(笑)
D:旅行ってみんな年にどのくらい行くんですか?
B:多い時は年5回くらい。
A:私もそれくらい行くかも。

そういう時は、誰とどこへ行くんですか?

A:旦那とも女友達とも、国内も海外も両方行きます。
B:でも国内は学生時代に行きすぎて、飽きました(笑)北海道も10回は行ってるし。
C:私は逆かも。最近は国内全部攻めてます。国内は彼氏とでも良いけど、海外行くなら女友達ばっかですね。
B:私は海外は彼氏とばっかり。あ、でも韓国とかは女の子と行くかな。
D:確かに、場所によるかも。
B:でもぶっちゃけ、金銭感覚が合わないと無理じゃないですか?

「金銭感覚」!やっぱり女子同士の付き合いでも重要になってきますか?

B:前に女友達と韓国に行った時に、めちゃくちゃ安いパッケージが良いって言われちゃって。それがトイレのドアもちゃんと閉まらないようなホテルで…。わたしは、そこにはお金かけて普通に良いホテルに泊まりたいのに、そう言われちゃうともう何も言えないし…。
C:分かる!だから、本当に気の合う旅友みたいな子としか行かない。
D:金銭感覚ずれると、使い方がね‥‥。
A:だから気の合わない子と行くくらいなら、旦那と行くか、家族で行くか、の方が楽。
B:そうそう。お金の価値観って本当に大事ですよね。
一同:大事〜!

普段の外食や飲み会でもそうですよね。

D:そう。「会社の人達の金銭感覚が違いすぎてご飯に行けない」って、よく友達から愚痴られますよ。私も会社員だった時、全然行けなかったんですよ。カラオケも「夜は高いから」って言われちゃて。
B:それで無駄に、チェーン店の居酒屋とかでめっちゃ高くなって…。だったら別の店で普通に美味しいもの食べたい!みたいな。
D:そうなの、そうなの!本当に無駄!会社によって全く違うよね。私も転職した時のギャップにびっくりした。
C:どんな感じだったんですか?
D:一社目は関西で働いてたから、4次会位までするのが当たり前で…。
一同:えーー!すごい!!
D:で、朝まで飲んで翌日9時出勤とかが当たり前だったけど、関東だともう、上司も1次会でサッと帰っちゃう人が多いし。あと、関西だと女の人でも後輩には奢るんだけど、関東の人は切実にちゃんと割り勘する。
A:割り勘だね。「じゃあ、一人4千円ね!」みたいな。

1回の外食(夜)では、どのくらいの値段帯が多いですか?

一同:5000円くらいですかね。
B:7000円位いくと「高いな」って思う。
一同:思うー!
A: 3000円だと「安!」ってなるよね。
D:ランチだったら、1000〜3000円までかなぁ。

第一弾“お金”についての覆面座談会。まず1記事目は20代一般女子の「お財布事情編」から!
次回の「貯金の現実編」や3回目の「貯まる子と貯まらない子編」では、もっと毒舌&為になるぶっちゃけ話が飛び出すので、乞うご期待!


HANAYOME Lesson